FACS lite - スチル&ファスト

au1 - 内側の眉毛レイザー

AU2 - 外側眉毛レイザー 静止画

au4 - 眉毛を下げる-前後編

au5 - 上蓋レイザーGIFAU6 - チークレイザー - メリンダ・オゼル - FACSに向き合う

AU7 - 蓋締め - メリンダ・オゼル - FACSに向き合う

ノート:
既存のAUであるAU8 "Lips towards each other" を修正しました。 更新したバリエーションを "fAUx8 - howler mouth "と名づけました。fAUx8についての詳細はこちらをご覧ください。 FACSチートシート.
au8 - 唇がお互いに向かってくる - 遠吠え口 au8 - 唇がお互いに向かってくる - 遠吠え口 au8 - 唇がお互いに向かってくる - 遠吠え口

AU9 - 鼻のしわ - 大腿骨上皮浮腫 - メリンダオゼル - FACSに直面します。AU10 - 上唇レイザー - 大腿二頭筋上挙筋 - 眼窩内側頭部 - 嫌悪感の表現 - メリンダ・オゼル - FACSに直面して

AU12 - 唇角引き手 - 頬骨大筋

AU13 - 尖った唇の引き手 - 角膜浮腫

AU14 -ディンプラー-ブキネーター
ノート:
ディンプラー作用の微分を2つ造語してみました。 Y軸ディンプラー そして Z軸ディンプラー.既存のFACSの顔のアクションは、効果的にbuccinator筋(AU14の背後にある筋肉)から達成することが可能な表現の深さを網羅していないので、私はそうしてきました。
私が観察したディンプラーには2種類あります。
1) Y 軸ディンプラー - リップ コーナーの外側部分が垂直面内で互いに圧縮されることを含みます。
2) Z軸ディンプラー。- 唇の角の内側の口の部分が歯や頬の内側に押し付けられることを伴う
AU14 -ディンプラー-ブキネーター-Z-軸
AU15 - 唇角抑圧器 -口腔角抑圧器
AU16 - 下唇抑圧器 AU16 - 下唇抑圧器
au17 - チンレイザー - メンタリス
AU18 - リップパッカー - 上唇小路と下唇小路の筋肉 - Facial Action Coding System
AU20 - リップストレッチャー - フェイシャルアクションコーディングシステム - FACS - ブレンドシェイプ - ブレンドシェイプ - ブレンドシェイプAU21 - ネックタイトナー - フェイシャルアクションコーディングシステム - FACS - ブレンドシェイプ - ブレンドシェイプ - ブレンドシェイプ
AU22 - リップファンネル - FACS AU23 - リップタイトナー - 口輪筋 - ニュートラル&ポーズ AU24 - リッププレッサー - オルビキュラリス・オリス
AU25 - 唇の部分 - 顔面動作コード化システム AU26 - jaw drop - フェイシャル・アクション・コーディング・システム AU27 - マウスストレッチ - フェイシャルアクションコーディングシステム
AU46 - ウィンク - フェイシャルアクションコーディングシステム - FACS - ブレンドシェイプ - ブレンドシェイプ - ブレンドシェイプ AU45 - まばたき - フェイシャルアクションコーディングシステム - FACS - ブレンドシェイプ - ブレンドシェイプ - ブレンドシェイプ